桜と土牛

奥村土牛、生誕130年記念の特別展@山種美術館の最終日。

ちょうど桜のシーズン。
外の桜を見ながら、美術館に入館すると、
目の前に、醍醐寺の大きな桜や、吉野の桜の作品が観られ、稀にみる贅沢な時間に。

101歳の生涯現役だった土牛。
花や生き物に対する愛らしい描写に思わず涙が出そうになる。

ここ数年、読み込んでいる小林秀雄の『本居宣長』の装丁も、土牛の「山桜」。

よかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です