阪神淡路大震災から25年

阪神淡路大震災から25年の節目の日を迎えました。

当時、いちばん被害が凄まじかった神戸市長田区へ、
仲間とともに救援に入ったときの衝撃を思い出します。

ちょうど今週、再エネの仕事で、神戸市や宝塚市にいき、
復興の町づくりへの振り返りや
その教訓が今の政治にどこまで生かされているのか、
じつに多くの声をお聞きしました。

夕方、震源地となった淡路島北部沖の明石海峡へ。

心からの追悼を捧げます。

Follow me!

前の記事

初日の出

次の記事

気候・地域循環共生圏へ