いのちをまもる。
赤ちゃんから子どもたち、働き手からお年寄りまで。
みんなが健康で幸せに暮らせる社会にむけて『6つの改革』をすすめます。

 

1、 笑顔で子育てできるくらしを

電車の中で泣いている子どもを抱く母親に「すみません」と言わせる社会はおかしい。
「元気な赤ちゃんでよかったですね」と笑って言ってあげる社会でありたい。

くしぶち万里は「人づくりこそ国づくり」と考えます。

日本にとって最も大切なものは「人」です。待機児童の解消を義務づけ、すべての子どもが幼児教育を受けられる、夢や希望をもって学びたい・成長したいという意欲を支える社会をめざします。先進国で最も少ない日本の教育予算(GDPに占める割合)を増やすとともにM字カーブで埋もれる女性342万人(労働力人口5%)の復職を応援します。

くしぶち万里の実績

私の実家は、保育園と幼稚園及び学童保育を運営して50年。その経験を生かして、第183回国会で「子ども子育て支援法」を成立させ、2015年度から認定こども園や小規模保育・家庭的保育などの新しい次世代支援がはじまりました。さらに、教育予算を9%アップさせて高校無償化や大学の奨学金制度の充実に取りくみました。

 

2、豊かな自然で純国産エネルギー100%へ

美しい日本で安心して暮らすために。

くしぶち万里は「原発に依存しない社会」をつくります。

3.11後の日本にとって多様な自然を活かしたエネルギーへの転換は避けられません。太陽光や風力、地熱やバイオマスなどの再生可能エネルギーの導入拡大と熱利用や省エネ・IOT効率化をすすめ、安心して暮らし、災害にも強く、健康にいいエネルギー環境をつくります。原発の使用済み核燃料の管理や処分を先送りしません。

くしぶち万里の実績

2012年7月、日本の「再生可能エネルギー元年」がスタートしました。第177回国会において、私は、太陽光や風力など再生可能エネルギーを促進する「全量固定価格買取制度(FIT法)」の成立にむけて国会の最前線で取りくみました。10年以上にわたり悲願であったこの法律によって、日本全国に、自然エネルギーが広がっています。

 

3、新産業の育成・雇用創出・脱デフレへ

「人間が、数字やモノにふりまわされる経済」から「人間らしく、暮らしの幸せを実感できる経済」へ

くしぶち万里は正社員で働き、結婚できる、子どもを育てる社会をつくります。

若者や女性の起業や就労を応援します。大型の公共事業ばかりに頼る時代ではありません。環境や農業などの成長の期待される分野や、医療や介護、教育や子育てなどの課題を解決していく産業への投資を優先します。税制や規制改革を実行し、新しい雇用をつくりだします。

くしぶち万里の実績

衆議院経済産業委員として、日本の経済を支える地域の中小企業やコミュニティビジネスの実態調査を行い、若手経営者のニーズを集めて地域の人材育成サポートなどの環境づくりに取りくみました。また、「環境と経済の両立」をめざし、CO2対策はじめ洋上風力や屋根貸し太陽光発電に力を入れ、地域で資源もお金も循環する経済モデルを推進しました。

 

4、誰もがいつまでも自分らしく生きることのできる国へ

安心かつ持続可能な社会福祉を

くしぶち万里は「地域包括ケアシステム」を築きます。

消費税はすべて社会保障の財源に使うことが国民との約束です。「入院医療」から「在宅医療」「施設介護」から「在宅介護」へ。人材育成や地域サポートに力を入れ、介護報酬や介護士を増やし自宅で自分らしい最期を迎えられる環境をめざします。若者の4人に一人は生涯未婚といわれ、公共住宅の充実はじめ単身高齢者の急増する社会に備えます。

くしぶち万里の実績

「消えた年金」だった1270万人分の総額1.6兆円の年金を回復させるため仲間とともに取りくみました。これまでに70%の年金記録の照合が完了。また、2011年には診療報酬の10年ぶりプラス改定で、地方の公立病院の半分以上で黒字化が実現しました。24時間対応の訪問介護・看護もスタート。

 

5、中央集権から地域主権へ。古い行政・政治文化を変える。

政治とは身近な「生活」のこと。

くしぶち万里は「新しい公共」をすすめていきます。

地域のことは地域で。肥大化した「官」のしくみをスリムにして、統治機構改革・地域主権をすすめます。国民と政治の距離を縮め、ひとり一人が自立して参加し民主主義を機能させて社会を元気にします。国会・行政改革では、一年国会をひらく「通年国会」や、税金のムダ使いをなくす公務員をプラス評価する「行政の見える化」をすすめ古いシステムと決別します。

くしぶち万里の実績

私はNGO出身者として、第177回国会で「新しい公共」をすすめる寄付優遇税制と改正NPO法の成立の先頭に立ちました。NPOが政策決定プロセスに参画して法改正が行われたのは初めてのことです。東日本大震災の復興にはこの新しい税制がおおいに活用され被災地の救援に役立ちました。また、国会議員の給与を13%削減、その後、20%削減を実現しました。

 

6、平和主義のもと現実的な外交・安全保障でまもる。

くしぶち万里は「アジア外交」を重視します。

日米の基軸の下、とりわけ東アジアをとりまく厳しい安全保障の現実を直視し、アジアにおける二国間や周辺外交を深めて信頼関係を築き国民の生命と主権をまもります。日本は唯一の戦争による被爆国であることを忘れず、地域の非核化に力を注ぎ、自立と共生の理念をしっかり掲げて外交の強化を図ります。

くしぶち万里の実績

2013年、国連の人権理事会で北朝鮮の人権問題に関する事実調査委員会(COI)の設置が全会一致で決まったとき、私は、ワシントンDC会議に出席し、拉致問題や難民の人道問題に関する議員連盟事務局長として各国代表とともに取り組みを進めました。周辺地域との課題解決を前進させることが、国民の生命と主権をまもることにつながります。