明仁天皇と与那国島

3月28日、天皇と皇后両陛下が与那国島を訪問されました。

陛下にとって離島訪問は、皇太子時代を含めて、今回が54島目となられるそうです。
在位中では最後の機会になると見られるなか、日本の最西端の島をお選びになられた思いは
どれほど深いものであられたのだろうと想像をめぐらしています。

明仁天皇は退位の意向を示された2016年8月のお言葉でも、
離島への旅を大切な象徴的行為として述べられていました。

沖縄はじめ数々の離島訪問や幾つもの被災地で国民に寄り添われる御姿から、
多くの国民は自ずと、象徴天皇というその存在を胸に刻んできていると感じています。

小さな島の匂い、風の音、紺碧の海。

私も、与那国島を訪ねたことがあります。

台湾まで、およそ100キロ。晴れた日には向こうの町が見えるほどの近さで、
島と島のあいだには黒潮が勢いよく流れており、独特の歴史と文化をもつ島です。

与那国島はカジキマグロ漁の盛んな島で、世界中のダイバーの憧れの地
でもあります。私もいつかは、と数年温め、
西崎(いりざき)岬の先に広がる真っ青な海に潜り、海流にのり、
地形やハンマーヘッドシャークなどを間近で目にした時の感動は忘れられません。

そんな海と生きる島に、最近、新しい変化が起きています。
2016年に自衛隊の与那国駐屯地ができて沿岸監視隊が配備されました。

「小高い丘の上の向こうにある建物がそうだよ」と島人が教えてくれ、
自衛隊とその家族250名が移り住み、人口の15%近くになるその影響は
少なくありません。

国境の島といえば、安全保障上の重要な位置を占めています。
いわゆる島嶼防衛です。

天皇、皇后両陛下の、与那国島訪問から、
東アジア情勢でいかなる変化があろうとも、
「武力による解決だけは、絶対にいけない」、
そのような重要なメッセージを、私は受け取りました。

花よおしやげゆん (花を捧げます)
人 知らぬ魂   (人知れず亡くなった多くの人の魂に)
戦 ないらぬ世よ (戦争のない世を)
肝に願て     (心から願って)

陛下が沖縄の戦没者を慰霊された時に詠まれた、「琉歌」です。
ここに、戦後日本のめざす国の姿と、象徴天皇制のあるべき姿が
込められているように思えてなりません。