2017-10-11

森友・加計学園問題の本当の問題点とは?

この総選挙で忘れてはならない事。

 

解散しなければいけなかった本当の理由とは、

森友・加計学園問題を隠したいというのが真相です。

 

そもそも、

なぜこのことが問題なんでしょうか?

 

総理夫妻と両学園の経営者との関係が、

「何かありそう」だという事もありますが。

 

本質は、「丁寧に説明」されたのか、

「十分に説明」をして理解されたのか。

 

十分かどうか、丁寧かどうかは説明する側が

決めることではなくて、国民が納得できるかどうかです。

 

そこでそれぞれの問題の

本質をあげて見ます。

 

森友学園問題

1 国有地(国民のもの)がなぜ8億円も安くなったのか?

2 刑事事件として起訴された経営者がなぜ国有地を使えるのか?

3 管轄した財務省にも国交相にもなぜ記録がないのか?

記録もなければ記憶もないとは…

 

加計学園問題

1 許可が出るまでの過程が不透明(加計ありき?)

2 文部省にあった文書を「ない、怪文書」なぜしたのか?

3 獣医学部新設は本当に必要なのか?

こちらも不都合な記録はなくそうとして、

当事者は肝心な記憶が曖昧…

 

両問題とも「情報公開」を

本当にする気が感じられない。

 

再発防止策は単なる口封じ策。

 

知りたいことをいつでも誰でも、

自由に手に入れることが出来ない。

 

結果的に、

「なんだか納得できない」と

いまだに多くの国民が思っていること。

 

これこそが問題です。

 

安倍総理は

「選挙戦の中でも」説明責任を果たすと

党首討論でも発言しました。

 

しっかりと国民の多くが、

「納得」できる説明を求めていきます。

 

選挙が終わったら、

「十分に説明した」事に

なってしまわないように。

投票を通じて、隠蔽に「NO」を!

 

徹底した情報公開で、

開かられた議論の出来る国づくりを!

情報公開こそ改革!

事務所案内
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

町田事務所

〒194-0022
町田市森野2-25-13 中西ビル202
TEL:042-728-5122
FAX:042-728-2922
地図はこちら