2017-09-30

直感で動くこと

この数日間、さまざまことが大きく動くその中に身を置いて、

これまで4年半以上にわたる浪人活動で聞き続けてきた

国民の声をどれだけ多く国政の場に届けられるか、

それだけを考え、選挙を迎える準備をしています。

 

「まりさん、子どもが学びたいという気持ちを親としてなんとかしたい」

「くしぶちさん、あんなに働いたのに老後ひとりで不安ばかり」

 

『あのとき、こうだった』

『いま、なすべきこと』

出会ったすべての方の顔が脳裏に浮かびます。

 

そのなかで、政治活動と同様に私のライフワークとして

探求している『小林秀雄』のある本が頭に浮かびました。

鎌倉にある小林秀雄旧邸で茂木健一郎さんはじめ師である

池田塾頭や仲間と集う塾の学びは、いつも、心の栄養剤です。

 

「直感を磨くもの」—小林秀雄対話集—

“類い稀なる慧眼の士、小林秀雄が各界の

第一人者十二人と語り合う中に、

そのヒントは立ち上る。“

 

と書評にもあります。

 

理屈だけで動こうとすると、

期を逸してしまうこともある。

 

時代とともに変えていかないといけない事、

守り続けなければいけない事。

 

理屈ではなく、反射的に動くことも必要。

 

時には、直感=インスピレーションを大切にしないと、

大胆な変革には対応できないとすっと腑に落ちました。

 

しっかりした準備と直観で素早く行動する、

臨機応変が政治家にも大切な資質だと。

 

「直観を磨くもの」—小林秀雄対話集—

小林秀雄著、他(新潮社)

http://www.shinchosha.co.jp/book/100709/

 

事務所案内
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

町田事務所

〒194-0022
町田市森野2-25-13 中西ビル202
TEL:042-728-5122
FAX:042-728-2922
地図はこちら