野田総理に申入れ

7日、当選1回の議員で官邸に野田総理を訪ね、党の「2030年代に原発稼働ゼロを可能とするよう、あらゆる政策資源を投入する」との決定を重く受け止め、政府として速やかかつ明確に決断し、目標時期を明示するよう強く求めました。