MENU

電車の中で泣いている子どもを抱く母親に「すみません」と言わせる社会はおかしい。
「元気な赤ちゃんでよかったですね」と笑って言ってあげる社会でありたい。

どんなに働いても、家族の時間や生きがいをもてず幸せを感じられないのはおかしい。
誰もが自分らしく働き、安心して、地域で産み育てられる、希望あふれる国へ!

少子化と高齢化社会は、今のやり方では解決しません。
カネさえ回ればいいという「人間が、経済や数字にふりまわされる社会」はやめて、
「すべての人が希望をもち幸せを感じられる社会」をともにつくります。

希望と安心。

誰もがいつまでも自分らしく生きることのできる国でありたい。
それが、くしぶち万里の『ともに生きる日本』です。


謹賀新年

あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりありがとうございました。     あらたまる年の始めによめる、       春くれば光あつめし朝露のつららく玉に君が千歳を 皆さんにとって幸多き一年になりますようお […] Read More »

明治という時代のこと

今年一番の、My favoritesは、なんといっても、平田オリザさん作・演出の、新作公演『日本文学盛衰史』だな。 漱石や啄木がそのまま等身大で現れ、笑い、面白すぎて深くて、2回も観てしまった。「ことば」がこんなに迫って […] Read More »