MENU

電車の中で泣いている子どもを抱く母親に「すみません」と言わせる社会はおかしい。
「元気な赤ちゃんでよかったですね」と笑って言ってあげる社会でありたい。

どんなに働いても、家族の時間や生きがいをもてず幸せを感じられないのはおかしい。
誰もが自分らしく働き、安心して、地域で産み育てられる、希望あふれる国へ!

少子化と高齢化社会は、今のやり方では解決しません。
カネさえ回ればいいという「人間が、経済や数字にふりまわされる社会」はやめて、
「すべての人が希望をもち幸せを感じられる社会」をともにつくります。

希望と安心。

誰もがいつまでも自分らしく生きることのできる国でありたい。
それが、くしぶち万里の『ともに生きる日本』です。


ビジネス戦略の「RE100」

久しぶりの大学キャンパス。 緑が気持ちいい。 日本初の自然エネルギー100%大学を宣言した千葉商科大にて、 気候変動に取り組むNGOや企業、 自治体はじめ行政連携したシンポジウムが開かれました。 いまや企業のCSRではな […] Read More »

世界自然遺産の島

(夜に光るキノコ) 世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、 海の青さや海中の魚たちに私は大興奮だったけれど、 それ以上に、 生態系をまもる森や不思議な生き物、 戦争、占領、返還に揺れた人々の激動の歴史、 東洋と西洋と南 […] Read More »