9年ぶりの国会質疑〜こども家庭庁法案

5月11日、れいわ新選組の衆議院議員として、初めて国会質問に立ちました。

テーマは、子ども家庭庁法案です。

私の実家は50年以上、幼稚園や保育園を運営し現在はこども園です。
学童保育も行っていますので、個人的にも力が入る法案です。

まず大前提となる、少子化の実態について野田聖子大臣に問いました。
大臣は様々な理由を述べましたが、
最大の課題である経済不況と所得の低さについては認めようとしません。

デフレ下での賃金下落と雇用の破壊、さらに消費税の増税で
経済が悪化し国民負担が重すぎることが、少子化の原因です。

低所得者層ほど負担が高い消費税が生活を困窮させ、
将来への安心感を奪い、
子どもを持とうとする意欲をなくしていることは
明らかではないでしょうか。

また、政府資料にある「広く負担していただく」とはどういう意味か、
安定財源は何か、さらなる負担増を伴うのか、
を問いましたが、
「子供に対するお金を負担というと立ち往生」、
「各層に理解をいただきながら安定財源を求める」
などと、逃げの答弁に終始しました。

れいわ新選組は積極財政を進めて、
子どもに対する投資を大幅に増やすことを提案しています。

子どもを「負担」と捉える政府とは大きな違いがあります。
また、同様の質問を立憲民主党、日本維新の会にも問いましたが、
財源については同じように明言しませんでした。

れいわ新選組は積極財政を進めて、子どもに対する投資を
大幅に増やすことを提案しています。

私たちの掲げる「何があっても心配するな」は、
子どもを持とうとする人たち、
子どもを育てている人たち、
なにより、子どもたち自身にこそ当てはまります。

これからも、れいわ新選組に期待してください。