国会で緊急集会・気候危機

台風15号と19号、20号による未曾有の災害に見舞われた日本は、
気候危機にどう対処するのか。

COP25を目前に控えて、
11月21日世界各地と連動する「24時間リアリティ」行動デーに、
国会にて緊急集会を開催しました。

多くの議員にも参加いただき、外務省・環境省・経産省の担当官も交えて、
専門家とCRP有志から政府へ行動の強化を求めました。
(CRP:アル・ゴア米国元副大統領によるクライメート・リアリティ・プロジェクト)

急な呼びかけにも関わらず、ご参加いただいた皆様ありがとうございました!

日本政府には4つの行動を要望しています。
1、2020年までに日本のCO2排出削減目標を強化し、国連へ再提出してください。
2、石炭火力発電所の新設・建設計画を見直し、2030年全廃目標を策定してください。
3、脱炭素社会にむけて再生可能エネルギー100%を推進する経済政策を進めてください。
4、気候変動適応法について実効性のある省庁横断の組織体をつくり、災害軽減策を実行してください。

気候危機は、単なる「環境問題」ではありません。

格差社会の中でより弱い立場にある子どもや貧困層に牙が剥く、
農地が壊滅し食料や水の不足につながる、
それを引き金とした暴動や紛争も起こり得る、
感染症など病気の広がりにつながること。

つまり、安全保障の問題であり、生存の問題。

しかしながら、ちょうど、この院内集会の翌日、
日本政府から、2020年に提出するパリ協定提出の削減目標を
引き上げない方針が発表されました。

なんとも絶妙なタイミングの集会だったことになります(怒)。

日本は島国として海面上昇や台風多発の危機をどうしていくつもりなのでしょうか?
引き続き、行動の強化を求めていきたいと思います。

#ClimateReality

#TruthIntoAction

Follow me!

前の記事

光復香港!

次の記事

グローバル気候マーチ。