ボニンブルー(小笠原の青)

返還から50周年、
念願の小笠原諸島に来ています。

ダイバーの私としては、まずは海。

父島、兄島の海底沖には
沈んだ船があちこちに。

早速、潜ると、ホワイトチップシャーク(ネブリブカ)にも遭遇。

小笠原のボニンブルー。
昔、「無人(ぶにん)」島と呼ばれたことが由来とは知りませんでした。

青が眩しすぎます。

Follow me!

次の記事

平成最後の8月15日